My Favorite Things

アクセスカウンタ

zoom RSS それではテレビの前のあなたと…

<<   作成日時 : 2012/03/31 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜映画劇場
かつてそんな名前のお茶の間映画館(筈見有弘命名?)がありました。
今日はそのお話を。

放送はもちろん土曜日、夜9時から1時間30分枠という異色の長さの番組でした。
午前やお昼夕方ならばその長さは普通でしたがゴールデンタイムでは2時間枠が普通ですから、他の洋画劇場とは違った雰囲気があったんです。
CMと解説を抜けばおそらく1時間10分を少し超える程度だったのではないでしょうか?
短い!
でも、その短さが特徴だったんですよね。
中途半端な長さの話題作。
2時間から30分くらいのものは、この土曜映画劇場で前後編にすればいいんですよね。
その一番いい例が「荒野の七人」ではないでしょうか。
同じ系列局の「日曜洋画劇場」の枠ならば1回で放送するには30分ほどカットしないといけません。
でも前後編にすると後編はなんと1時間近い『前編のあらすじ』が必要になります。
はい、そこで疑問に思う若い人がいるでしょうね。
延長すればいいんじゃない?って。
なかったんですよ、昔は!
いつからでしょうね、15分とか30分枠延長なんていうのがはじまったのは。
映画ファンとしてはカットが少なくなるから大歓迎なんですけどね。
ともあれ、土曜映画劇場は面白い映画をいろいろ見せてくれました。
「空軍大戦略」「戦闘機対戦車」「コマンド戦略」「ダイヤルMを廻せ」「3人の名付親」「黄金の七人」……
そして一番の作品は!

「脱走山脈」です!

この映画にめぐりあわせてくれたことに感謝します。
この作品でフランシス・レイが好きになって、サントラレコードコレクターに拍車がかかって今に至るわけです。
まあ、子供のときはほとんど買えなかったんですけどね。
だからカセットで録音しまくったのが中学時代と。
で、その当時に欲しかったのが洋画劇場のレコードです。
もちろんカヴァー演奏ですけど、オープニングやクロージングテーマが入っているので物凄く欲しかったんです。
そして、その頃買えたのは『ゴールデン洋画劇場』と『日曜洋画劇場』の2枚だけ。
『月曜ロードショー』と『土曜映画劇場』のものは結局買えずじまいとなりました。
その後も運がないのかこの2枚に中古レコード店でめぐりあうこともできずにウン10年以上経過。
ところが先日神戸で見つけたんです。

画像


即、買いました!財布からお金を出すときに少し指が震えてしまったのは店員さんには気づかれなかったはず(たぶん)。
帰宅して久しぶりにレコードプレーヤーの電源を入れ、針を落とす。
そして、感想は。

こんなんやったっけ……?

すみません、覚えてませんでした。
しばらく聴いているうちに音の記憶が甦ってきましたけど、他の3つに比べてオープニングのインパクトが弱かったみたいです。

ということで次は洋画劇場のオープニングとクロージングテーマについてですね。

では、またテレビの前のあなたとお会いいたしましょう。

という決まり文句の解説者が一番馴染み深いんですよ。
ちょっと問題があるからこれ以上話題にしませんけど。
でもやっぱり土曜映画劇場といえばこの決まり文句です、私の世代は。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それではテレビの前のあなたと… My Favorite Things/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる