My Favorite Things

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上最大の作戦 サウンドトラック盤

<<   作成日時 : 2012/03/19 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ようやく問題のサントラ盤について書くことにしましょう。

画像


 トータル10分に満たない内容ですが、この期に映画を見直してみたのですけど、実はほとんどの曲が網羅されています。
演奏はALLIED ARMY BANDと記されています。

A面が3曲

 1曲目『THEME DU FILM MARCHE』 2:40

 ミッチ・ミラー楽団のインストゥルメンタルバージョンと同じアレンジです。
あれに比べると少し軽めの印象があります。

 2曲目『DON'T FENCE ME IN』 0:35

 私をフェンスの中に閉じ込めないで!って感じの題名になるんでしょうか。
どこで使われていたかといいますと、コータ准将(ロバート・ミッチャム)が作戦開始はまだかとじりじりして待っている場面でラジオから流れていたものですね。

 3曲目『HARMONICA SOLO』 1:57

 文字通りハーモニカソロ。
これはフラー軍曹(ジェフリー・ハンター)が作戦前夜に待機している艦上で見ず知らずの兵士に妻と離婚寸前だと語る場面に流れています。

B面が4曲

 1曲目『BBC DRUMS』 0:50

 この短い曲がサントラ盤の白眉でしょう。
3つのメロディーで構成されていて、最初がダダダダンダダダダンというスローなドラム。
序盤で多用されている、ノルマンディーでの占領風景に流れている曲ですね。
2つ目がベートーベンの第5そのもの。
はい、『THE LONGEST DAY』のタイトルが出たときのあれです。
最後がキューベルワーゲンのドイツ軍に射殺されたレジスタンスの男が鞄を押収される場面で流れた連打のドラムです。
BBCの暗号放送に流れていますので『BBC DRUMS』ということです。

 2曲目『SCENE DU RADAR』 1:33

 これも名曲ですね。
ロッド・スタイガー演じる艦長がレーダーに映る無数の艦影を見て「史上最大の艦隊だ」と言う場面に流れます。
メインテーマのスローバージョンですが、B-4曲目のものよりもゆったりとした感じで好きです。

 3曲目『LES BAG PIPES DE LORD LOVAT』 0:47

 ロバット卿(ピーター・ローフォード)率いる部隊のバグパイプそのものです。
ええ、ショーン・コネリー演じるフラナガンが耳について煩いったらありゃしないとうんざりしている、あのメロディーです。
まさしくその通りで、たった47秒しかないのにしつこいって感じ。
でも、『コマンド戦略』マーチとかは大好きですよ(もちろん原曲のスコットランドブレーブスも)。

 4曲目『LE DEBARQUEMENT A OMAHA BEACH』 1:13

 メインテーマのスローバージョンですが、短いのが玉に瑕。
こんなにいいアレンジなのに、カバーでもほとんど演奏されないんですよ。
ですのでSILVA社のCity Of Prague Philharmonic Orchestra演奏の4:46バージョンが好きなんですよ。
後半にこのアレンジが出てきますからね。

 以上、7曲でございます。
ようやく手にしたレコードですけど、やっぱりCDで出てほしいですね。

 最後に残念なことをひとつだけ。
あの曲が入ってないんですよ!
リチャード・バートン演じるイギリス空軍将校が同僚と話をする場面。
兵隊がピアノでメインテーマを弾いてるんですよ。
ハーモニカが入ってるんならピアノも入れてほしかったなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上最大の作戦 サウンドトラック盤 My Favorite Things/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる